LINE WORKS 公式ブログ

LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使える機能を備えた
モバイル・メッセンジャー中心の企業用コミュニケーション&コラボレーションサービス
「ビジネス版LINE」LINE WORKS の公式ブログです。

公式サイト >

イベント

みなさん、こんにちは!

2017年7月26日(水)~28日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第4回ワークスタイル変革EXPO」に出展いたします。

59537c76-s

「ワークスタイル変革EXPO」は、日本最大級の働き方改革の展示会として、「テレワーク支援」「会議システム」「ビジネスチャット」「オフィス移転」など生産性向上・業務効率化・コスト削減につながるソリューションを提供するサービスが一堂に出展する展示会です。

展示会の詳細

・会期: 2017年7月26(水)-28日(金) 10:00-18:00
・会場: 東京ビックサイト 東7ホール
・LINE WORKSブース: 東7ホール 小間番号:6-72

働き方改革に関する様々な課題を「LINE WORKS」でどのように解決するのかを、分かりやすくご紹介いたします。
また、ブース内でのオープンセミナーやタッチ&トライコーナーの実機体験により、「LINE WORKS」の機能や特長などをより深く理解することができます!


▼展示会入場券(無料)お申込みはこちら▼
 ※展示会場に入場する際、招待券が必要となります。

また、会期2日目は国内外で幅広く進出しているメガネブランドZoff様に登壇していただき、
「”ビジネス版LINE” LINE WORKSを活用したZoffの働き方改革事例」をテーマにしたセミナーもご用意しております。

LINE WORKSセミナーの詳細
・開催日時:7月27日 (木) 13:00 ~ 13:40
・会場:セミナー会場③
・講師:
 株式会社インターメスティック IT戦略推進部 部長 一ノ瀬 光裕 様
ワークスモバイルジャパン株式会社 カスタマーエクスペリエンスマネージャー 長橋 明子

・セミナー概要:
全国に180店舗を展開し、近年は中国などアジアにも積極進出しているメガネブランドの「Zoff」。
店舗を運営する株式会社インターメスティック様では、離れた場所にある店舗スタッフへの連絡や、店舗間、店舗内スタッフ間の業務連絡やコミュニケーションが行き渡らないという課題を抱えていました。社内連絡に取られがちなリソースを本来のお客様対応業務に集中すべく、LINE WORKSを全社に導入。海外も含む多店舗で、LINE WORKSを利用してどのように「働き方改革」を実現したのかについて、株式会社インターメスティック IT戦略推進部 部長 一ノ瀬 光裕 様に語っていただきます!

▼セミナーお申込みはこちら(無料)▼
http://d.office-expo.jp/ja/Expo/2905807/LINE-WORKS


皆様のご来場、お待ちしております!

イベント

みなさん、こんにちは!

7月20日(木)~21日(金)の2日間、ザ・プリンスパークタワー東京で開催された「SoftBank World 2017」に出展しました。
ogimage2017
出展期間中は、天気にも恵まれ、数多くのお客様に来場していただけました!
会場内では展示会のテーマである「AI」や「IoT」を組み合わせた様々な業種・業態のサービスに触れることができました!

また、豪華なゲストによる基調講演や特別講演も大変人気でたくさんのお客様で賑わってました。

弊社も講演プログラムに参加しまして、弊社のプロダクトマーケティング 執行役員 萩原が登壇し、「働き方改革」にLINE WORKSを選ぶ企業が増えている理由についてお話をさせていただきました。
sb4
sb5
仕事でチャットを使うことのインパクト、生産性が上がる理由をお客様事例やデモンストレーションを交えてご紹介させていただきまして、たくさんの方々が私たちの話をうなずきながら熱心に聴いてくださいました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

さて、弊社の「LINE WORKS」のブースについてですが、「働き方改革」や「AI」をテーマに、オープンセミナー形式でサービスをご紹介しました。

sb1
仕事における「ムダな時間」を無くし、スピードを高めることで実現できる働き方改革の手助けツールとなる「LINE WORKS」についてデモ画面を交えながら説明しましたが本当にたくさんのお客様が足を止めて聴いてくださいました。
sb2

sb3
実はあまり知られていないのですが、「LINE WORKS」はAIとBOTを組み合わせることが可能でして、業務と人員の効率化も行うことができます。LINE WORKSのトークの手軽さ、Botの柔軟性、そしてAIの高度な分析・学習能力を組み合わせることで、今まで人に頼っていたことをBotで代用し、業務と人員の効率化を実現できるということです。
もともと「LINE WORKS」を知ってくださっていた方でもAIと組み合わせることができるとは知らなかったと驚く方も多く、どんどん情報を発信していかなければと感じました。

まとめ

今回、色々とご説明させていただいて感じたことは、情報感度が高い来場者様が非常に多く、そして働き方に対する課題を抱えている方が多いということでした。その課題を解決するソリューションとなるAIやBOT、IoTへの関心の高さを実感することができました。

このような課題を抱えているお客様に「LINE WORKS」を知っていただき、更に実際ご利用いただくことで働き方改革の実現にお役に立てることができるようになりたいと改めて強く思いました。

今後も新しい働き方を提案し続けてまいります。

ブースや講演に足を運んでいただいた皆様、誠にありがとうございました!

新しい働きかたへのアイデア

こんにちは。ワークスモバイルジャパンの村田です。

本日、2017年7月24日は「テレワーク・デイ」です!
3年後の2020年7月24日に予定されている東京オリンピック開会式での混雑回避に向け、テレワーク一斉実施の予行演習をしようという総務省が推進する取り組みですが、最終的には働き方改革としてテレワーク普及が目的とされています。

そんなテレワーク・デイのキャッチコピーは「働く、を変える日」。LINE WORKSは仕事や働き方を変えるための多くの機能を備えています。実際にワークスモバイルジャパンのメンバーはLINE WORKSを使っていつでもどこでも働ける環境を構築しています。今回はその活用例を交えながら、LINE WORKSがテレワークに効くポイントをご紹介します。

コミュニケーション手段の使い分け
LINE WORKSのコア機能であるトークは、会話形式で気軽にやりとりをすることができ、メールのように余分な作文をする必要がありません。そのため、離れた場所にいる相手との議論をサクサク進めることができます。
teletalk
一方で、重要な依頼事項など形に残しておく必要があるものはメール、出先での緊急度の高い連絡事項やテキストでは伝えにくい内容は通話機能といったように、状況に応じて手段を使い分けることもできます。そのため、テレワークのように相手の顔が見えない状況においても、スムーズに仕事を進めることができます。

ファイルの整理整頓
日々増えていく多様なファイルを日頃から整理整頓し、共有できる状態にしておくことがテレワークには欠かせません。そこで活躍するのがDriveです。自分が作業しているファイルであれば、「My Drive」に保管することでどの端末からでも容易にファイルの確認や編集ができます。
tele1
また、会社全体やチームで共有すべきファイルは「会社フォルダ」もしくは「グループフォルダ」を使用します。あらかじめ整理用のフォルダを作成したり、フォルダやファイルの命名規則を決めておくことで、整理整頓の手間を省くことができます。

情報の集約
社内に点在している情報はホームやノートにまとめておくことでリファレンスとして活用できます。ワークスモバイルジャパンでも、各種資料の保管場所や新入社員に共有すべき情報、事務手続きに関する情報などをまとめています。ホームやノート内の情報は検索することができますが、「ここさえ見ればOK」という場所を作っておき、日頃からアップデートしておくことが重要です。また、Drive内の資料であれば、リンク共有機能で発行したURLとあわせて資料の情報を掲載することで、目的の資料を探す手間も省けるのでおすすめです!


普段の業務から場所に縛られず、チームのコラボレーションを促進する働き方を意識しておくことで、テレワークの際にも普段と変わらぬパフォーマンスを発揮することができます。LINE WORKSはパソコンでも利用できますが、ここでご紹介したすべての機能がスマートフォンだけで完結します。自宅や出張先での使用はもちろん、ちょっとした移動時間を有効活用することができるため、本当の意味で「場所に縛られない働き方」の実現に貢献します。  日常の働き方を変えてみることが、案外テレワーク実現への近道かもしれませんね。