LINE WORKS 公式ブログ

LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使える機能を備えた
モバイル・メッセンジャー中心の企業用コミュニケーション&コラボレーションサービス
「ビジネス版LINE」LINE WORKS の公式ブログです。

公式サイト >

セキュリティもおまかせ

こんにちは!今回は、前回に引き続きスマホ紛失時のセキュリティ対策の後編です。前編ではスマホの紛失時に備えてあらかじめ実施すべき事前対策向けの機能をご紹介しました(「前編:スマホの紛失対策はこの機能を使って解決!(事前対策)」)。今回ご紹介するのは、実際にスマホの紛失が発生してしまった際に使える事後対策向けの機能となります。

事後対策:スマホの紛失時にできること
起きないことを願いつつも、万が一、スマホを紛失してしまったときに使うべきLINE WORKSの事後対策向けの機能を以下にご紹介します。

1) アクセスブロック(アプリからのアクセスをブロック)
スマホを紛失した際に、アクセスブロックを実行すると、アプリを強制的にログアウトして、以降のアプリ経由のアクセスをブロックできます。アクセスブロックは、管理者画面のセキュリティ>モバイルセキュリティ>セキュリティ機能で表示されるメンバーリストよりアクセスをブロックしたいメンバーのアクセスブロックの「ブロック」をクリックして実行します。
forgot_2_12) アカウント一時停止
アカウントの一時停止を実行すると、一時停止したアカウントからの全てのサービスに対するアクセスをブロックすることができます。スマホ紛失時に、アカウント情報の漏洩も考慮して、まずはアカウントを一時停止して、該当アカウントからのアクセスを一切ブロックすることも事後対策としては有効です。一時停止は、管理者画面のメンバーより一時停止を行うメンバーを選択して表示されるメンバー詳細画面より「一時停止」を押すと実行できます。
blog_security_06-2
3) モバイルアプリのデータを削除
LINE WORKS アプリのデータを遠隔で消去する機能です。スマホ紛失時にアプリ内のキャッシュに保存されているデータを全て遠隔で消去して、データの漏洩を防ぎます。本機能を使うためには、あらかじめデバイス管理機能を有効にした上で、端末側で必要な設定を行う必要があります。デバイス管理機能は、管理者画面のセキュリティ>モバイルセキュリティ>管理設定にて有効にすることができます。実際にアプリ内のデータを消去するには、管理者画面のセキュリティ>モバイルセキュリティ>セキュリティ機能で表示されるメンバーリストよりアプリデータを削除したいメンバーのデバイス管理の「表示」をクリックし、「モバイルアプリのデータを削除」を選択して実行します。
blog_security_06-3
4) デバイスを初期化
LINE WORKSではスマホ自体を初期化する機能も備えています。本機能を実行するとスマホ上の全てのデータが消去され、工場出荷時状態になります。本機能もアプリのデータ削除と同様に、利用するにはあらかじめデバイス管理機能を有効にした上で、端末側で必要な設定を行う必要があります。デバイス管理機能は、管理者画面のセキュリティ>モバイルセキュリティ>管理設定にて有効にすることができます。実際にデバイスを初期化するには、管理者画面のセキュリティ>モバイルセキュリティ>セキュリティ機能で表示されるメンバーリストよりアプリデータを削除したいメンバーのデバイス管理の「表示」をクリックし、「デバイスを初期化」を選択して実行します。
blog_security_06-4
事前対策と事後対策を併用してスマホの紛失時に備える
スマホの紛失はいつ、どこで発生するか事前に把握することはできません。このため、スマホ紛失が発生する前に実施しておく事前対策と、実際に発生してしまった後に実施する事後対策とを組み合わせることにより、万が一のスマホ紛失時のリスクやダメージを最小限に抑える必要があります。是非、今回ご紹介した機能を使い、スマホ紛失時のセキュリティ対策に役立てください!

まだLINE WORKSをお使いでなく、もっとLINE WORKSのことを知りたいという方は、ブログ記事の「はじめまして、LINE WORKSです!」や「LINE WORKSとは?」もご覧ください。

また、LINE WORKSを実際に試してみたいという方は、30日間の無料トライアルを提供しております。無料トライアルは弊社認定パートナー企業様へお問い合わせをいただくか、弊社ウェブサイトより直接お申込みいただくこともできます。

セキュリティもおまかせ

こんにちは!これから本格的な夏に向けて、ビールが美味しくなってくる時期になります。みなさんも、仕事、個人と飲みにいく機会も増えてくるのではないでしょうか?ただ、楽しく飲んだ帰り道、ふと気づいたら自分のスマホがない!なんてことがあると、ゾッとしますよね。特に仕事でスマホを使っている人は尚更です。MM総研が2016年1月に発表した調査結果によると、企業におけるスマホ支給率は年々上がっているそうです。LINE WORKSをご利用中のお客様も、LINE WORKSを会社支給のスマホはもちろんのこと、BYODの個人所有のスマホにも使われている方がいらっしゃいます。そんな中、企業のIT管理者の方にとって、スマホ紛失時の対策は重要です。そこで、今回は、特にスマホの紛失時に有効なLINE WORKSのセキュリティ機能についてご紹介したいと思います。

スマホ紛失に対する事前対策と事後対策
セキュリティ対策には大きく分けて、問題が発生する前に実施しておく事前対策と実際に問題が発生したときに実施する事後対策があります。LINE WORKSも事前対策向けの機能と事後対策向けの機能の両方を備えていますので、前編・後編に分けて、それぞれ具体的にどのような機能があるのか見てみましょう。まず、今回は事前対策についてです。

事前対策:スマホ紛失が発生する前にできること
LINE WORKSではスマホ紛失時に備えて、あらかじめ設定できるセキュリティ機能がいくつかあります。

1) パスワード設定
LINE WORKSを利用するために、ユーザーはIDとパスワードを使ってLINE WORKSのサービスにログインする必要があります。本機能では、ログイン時に使用するパスワードの難易度や有効期限などのポリシーを設定できます。ユーザーアカウントのパスワードの難易度や長さ(桁数)を上げることで、スマホ紛失時に第三者がブルートフォースアタックなどにより、容易にLINE WORKSサービスにログインすることを防止できます。本機能は、管理者画面のセキュリティ>一般設定より設定できます。
blog_security_07-1
2) パスコードロック
前述のパスワード管理はユーザーのアカウントに対するパスワードの管理ですが、こちらはLINE WORKSアプリに対するパスコードの設定になります。本機能を有効にすると、ユーザーに対してLINE WORKSアプリのパスコード設定を強制できます。アプリにパスコードを設定すると、アプリを起動するたびにパスコードの入力を求められます。スマホを紛失した場合も、パスコードを入力しないとアプリを利用することができないため、内容を見られることを防止します。
本機能は、管理者画面のセキュリティ>モバイルセキュリティ>モバイルアプリセキュリティより設定できます。ここで、パスコードの桁数および、パスコード入力に失敗するとアプリを自動ログアウトする入力回数を設定できます。
blog_security_07-2
3) ファイルのダウンロード制限
本機能は、LINE WORKSアプリ内のファイルを端末上にダウンロードして保存することを制限します。例えば、トークで送信した画像ファイルなどを端末に保存することを制限できます。これにより、スマホ紛失時にも端末内にはLINE WORKSアプリでやり取りした業務関係のファイルが保存されていることはありませんので、情報漏洩リスクを低減できます。本機能は、管理者画面のサービス>サービス利用管理>サービス利用設定より設定できます。なお、ベーシックプランまたはプレミアムプランをご利用の方は、端末へのファイル保存を制限した状態で、必要なファイルをLINE WORKSのDriveへ保存することができます。
blog_security_07-3
上記機能を組み合わせることで、スマホの紛失時に対するより強固な事前セキュリティ対策を実現できます。
 

前編は以上になります。次回は、あってはならないことですが実際にスマホ紛失が発生してしまった場合に使える事後対策向けの機能を後編(「後編:スマホの紛失対策はこの機能を使って解決!(事後対策)」)にてご紹介します。

まだLINE WORKSをお使いでなく、もっとLINE WORKSのことを知りたいという方は、ブログ記事の「はじめまして、LINE WORKSです!」や「LINE WORKSとは?」もご覧ください。

また、LINE WORKSを実際に試してみたいという方は、30日間の無料トライアルを提供しております。無料トライアルは弊社認定パートナー企業様へお問い合わせをいただくか、弊社ウェブサイトより直接お申込みいただくこともできます。

お客様の声

テレビ局で勤務するアシスタントディレクター(AD)を派遣する株式会社ウエスト様に、LINE WORKSの活用事例を伺いました。ウエスト様では、テレビ番組制作の現場で働くAD社員と、営業コーディネーター間のコミュニケーションにLINE WORKSを導入しています。営業コーディネーターの嶋崎さん、キーテレビ局でADとして働く小野瀬さんにお話を伺いました。
westお話を伺った株式会社ウエストの嶋崎さん、小野瀬さん

派遣ADを一人で30人担当。
連絡手段がバラバラで、伝わっているかどうかがわからなかった。 
 
ADへのきめ細やかなケアに定評のあるウエスト様では、営業コーディネーターが各ADを月に最低でも1回は訪問し、業務連絡や、現場で困っていることは無いか等の相談を行っています。各テレビ局での勤務が基本となるため、社員は会社のメールアドレスを持っておらず、ビジネスチャット導入前は、日程の調整や業務連絡を個人に合わせてメールやSMS、LINEなどで行っていたそう。一人の営業コーディネーターが約30人のADを担当しているため、人によって連絡手段が異なる上、PCからのメールが携帯で受信拒否され届かなかったり、返事が無いので読んだかどうか分からないなど、連絡に手間や時間が取られ、とても煩雑な状況でした。

他社のビジネスチャットを導入するも、社内になかなか浸透せず
 
営業コーディネーターとADの連絡を効率化するため、ウエスト様では1年前に他社のビジネスチャットの導入を実施。結果、コミュニケーションの効率化に一定の効果はあったものの、使い方が難しいツールであったため、なかなか社内に浸透せず、使い始められないADも多い状況となっていました。また、既読確認の機能がなく、連絡が行き届いているかどうか分からないという状況は改善しませんでした。そこで、若い世代の多いADにも馴染みのあるLINEのような使いやすさとインターフェースで、既読確認機能のあるLINE WORKSを検討され、導入が決定されました。

他社からの乗り換えで、使い勝手の良さを実感
 
他社のビジネスチャットからLINE WORKSに切り替えたことで、メンバーの登録やグループチャットがより簡単にできるようになり、これまで使い始められなかった社員や、今までLINEしか使っていなかった新入社員でも特別な教育や説明なしで導入が進んだというウエスト様。中でも、一度に多くの社員を相手にコミュニケーションを取る必要のある営業コーディネーターの嶋崎さんにとっては、「既読確認」の機能を便利に感じていらっしゃいます。送ってすぐに既読がつくと、今空いてそうだから電話してもいいな、なかなか既読がつかないと忙しそうだからもうちょっと待とう、など相手の状況に合わせたコミュニケーションができるようになったそうです。また、グループトークで既読メンバーの数だけでなく、誰が読んだのか分かるのもLINE以上に便利だと感じています。

社内の連絡だけをLINE WORKSで分けて見られるようになった
 
テレビ番組制作現場で働くAD社員の小野瀬さんにとっては、他の番組制作スタッフやディレクターなどとのやりとりも発生するため、LINEや携帯メールなどで常にいろいろな連絡が飛び交っている状況でした。社内との連絡手段がLINE WORKSに統一されたことで、社内からのメッセージだけを他と分けて見ることができるようになり、見落としが減ってタイムリーに反応できるようになったそうです。

ホームの掲示板に営業日報を共有
 
ウエスト様では、トークをコミュニケーションに利用するだけでなく、LINE WORKSの「ホーム」機能を利用して営業日報を共有されていらっしゃいます。営業コーディネーターの日々の活動記録をすぐにホームに投稿し、コメントのやりとりを行うことで、本部との営業活動の共有やフィードバックなどを行っています。ホームの投稿にも既読確認機能があるため、より活発なコミュニケーションができるようになりました。

LINE WORKS 導入により、距離感が縮まり、会っていないときでも状況が見えやすくなった
 
時としてストレスの多い過酷な状況になるというテレビ制作の現場では、いかにAD社員の悩みや人間関係を把握し、早期に改善できるかが重要になってきます。ウエスト様では、営業コーディネーターが月に1回は必ずAD社員に会いに行き、話を聞くことで状況を把握しています。たとえば、担当番組が変わる、担当曜日が変わるなどで、人間関係にまつわる悩みを抱えることもありますが、以前は会いに行って聞き出さないと分からなかったとのことです。LINE WORKSを導入して大きく変わった点は、ADとの距離が近くなり、会っていないときでもLINE WORKSを通じて本人や周りのADから、職場での人間関係や悩みなどが伝わりやすくなった点だと営業コーディネーターの嶋崎さんは感じていらっしゃいます。AD社員の小野瀬さんにとっては、LINEのスタンプなどを活用した、よりカジュアルなコミュニケーションが取れるようになったため、営業コーディネーターに連絡がとりやすくなり、会わないときでも気軽に相談ができるようになりました。LINE WORKSを業務連絡用のツールとしてだけでなく、気持ちを伝えられるコミュニケーションに活用することで、より細やかなケアを行うことができるようになったということです。

LINE WORKSは、今後もみなさまの声をもとにより良い製品を目指して開発を続けてまいります。今回の記事をお読みになって、LINE WORKSを試してみたいという方は、是非、30日間の無料トライアルをご利用ください。

30日間の無料トライアルは弊社認定パートナー企業様へお問い合わせをいただくか、弊社ウェブサイトより直接お申込みいただくこともできます。