LINE WORKS 公式ブログ(旧)

LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使える機能を備えた
モバイル・メッセンジャー中心の企業用コミュニケーション&コラボレーションサービス
「ビジネス版LINE」LINE WORKS の公式ブログです。

公式サイト >

アップデート情報

※Works Mobileは2017年2月よりLINE WORKSにサービス名称を変更しました。

みなさん、こんにちは!

7月14日にWorks Mobileのアップデートがありました。その中でも特に大きな機能追加となったのが、トークルームの「ノート」機能です(プレスリリースはこちら)。今回は、こちらについてご紹介します。

「ノート」機能とは?
ノートは、ビジネスチャットを社内SNSのように使うことのできる新しい機能です。LINEでもおなじみの機能ですが、Works Mobileのノートには以下のような特長があります。
※2016年7月時点では、モバイル版アプリのチームルーム(所属するチームのトークルーム)でのみノート機能が利用できます。

1. チームメンバー間でノートの投稿・閲覧ができる
トークルームでノートを投稿すると、そのトークルームに所属するメンバーだけに共有されます。トークルームに所属していないメンバーには、ノートの内容はもちろん、投稿されたことも通知されないため、クローズドな情報共有や議論に向いています。また、トーク(チャット)と異なり、時間とともに情報が流れてしまうことがなく、新メンバーにこれまでの経緯を共有したり、継続的に利用する情報を保管しておく場合などに利用すると便利です。
TeamRoomNote_01
2. 投稿されたノートはタイムライン形式で一覧表示
投稿されたノートは、新しいノートから順にSNSのようなタイムライン形式で表示されます。そのため、時系列に沿って、最新の情報から過去の情報を遡って内容を確認することができます。
TeamRoomNote_02
3. 投稿には画像やファイル添付ができ、スタンプも使える
ノートには、画像や添付ファイルの挿入ができますので、イベントの写真を共有したり、会議のアジェンダや議事録などを共有することができます。また、トークやメールと同様に、本文にLINEスタンプを使うこともできます。
TeamRoomNote_03
4. 投稿への「いいね」機能、コメント機能がある
それぞれのノートの投稿に「いいね」をつけたり、コメントをすることができます。FacebookやTwitterなどのSNSのような気軽なコミュニケーションができるので、ビジネスでも気軽で活発なやりとりがチーム内でできますね!

TeamRoomNote_04
5. ノートが新しく投稿されると、トークルームに通知
ノートに投稿があると、メッセージとして自動的にトークルームに通知されますので、外出中のチームメンバーでもすぐに気づきます。
TeamRoomNote_05
6. 読んでほしいノートがある場合、トークルームに「お知らせ」として表示可能
投稿したノートのメニューから「お知らせに表示」を設定すると、トークルームの上部に「お知らせ」として表示されます。必ず読んでほしい内容の周知などに便利な機能です。また、「トーク」と同様に「既読」確認機能もあるため、誰が読んだのかをチェックすることができます。
TeamRoomNote_06


まだ Works Mobile をお使いでなく、もっと詳しく知りたい方は、ワークスモバイル公式サイトをご覧ください。

また、Works Mobileを実際に試してみたいという方は、30日間の無料トライアルを提供しております。無料トライアルは弊社認定パートナー企業様へお問い合わせをいただくか、弊社ウェブサイトより直接お申込みいただくこともできます。
 

※Works Mobileは2017年2月よりLINE WORKSにサービス名称を変更しました。

みなさん、こんにちは。

7月14日に Works Mobile がアップデートされました。
アップデート内容の詳細は 「お知らせ」 で確認できますが、今回はその中から注目の3つの機能をご紹介します。
  • トークメンバーと共有できるノート機能
  • トークでのURLプレビュー表示
  • モバイル版Drive からリンク共有 

【トークメンバーと共有できるノート機能】
今回のアップデートで大幅に強化されたのが、トーク機能に追加された「ノート」です。
これまで多くのお客様から「LINEのノートのような機能はありませんか」というお問い合わせをいただいていましたが、今回のアップデートで、業務で使いやすい Works Mobile ならではの「ノート」機能が搭載されました。
詳しくは、こちらの発表内容をご覧ください。


【トークでのURLプレビュー表示】
Works MobileのトークでURLを共有した際に、そのURLのウェブサイト情報がプレビュー画面で表示されるようになりました。
単にURLが共有されるだけでなく、ウェブサイトの一部が表示されますので、そのサイトや情報がどのような内容かを確認することができるようになりました。
ビジネスチャットは、手軽にすばやくコミュニケーションできるのが特徴ですが、この機能強化により、さらに便利になりました。 
Talk-URL-Preview

【モバイル版Drive からリンク共有】
モバイル版のWorks Mobile アプリからでも、 Driveに保存されているファイルやフォルダをリンクで共有することができるようになりました。
モバイル版アプリで、共有したいファイルやフォルダをスワイプすると共有メニューが表示されます。
これにより、モバイル中心のコミュニケーションツールである Works Mobile の特長が、さらに強化されました。  
※ 本機能をご利用になるためには、ベーシックプランまたはプレミアムプランが必要です。

リンク共有では、アクセス権限と有効期限を設定できます。
Driveリンク共有1


アクセス権限は、「誰でもアクセス可能」「自社社員のみアクセス可能」「パスワードで認証」「ワンタムパスワード認証」 の4種類から選択できます。
有効期限は、「7日」「30日」「90日」「180日」「制限なし(期限なし)」の5つのオプションから選択できます。
Driveリンク共有2


さらに便利で、使いやすくなった Works Mobile を、是非みなさんの業務に役立てていただければと思います。

まだ Works Mobile をお使いでなく、もっと詳しく知りたい方は、ワークスモバイル公式サイトをご覧ください。

また、Works Mobileを実際に試してみたいという方は、30日間の無料トライアルを提供しております。無料トライアルは弊社認定パートナー企業様へお問い合わせをいただくか、弊社ウェブサイトより直接お申込みいただくこともできます。