LINE WORKS 公式ブログ

LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使える機能を備えた
モバイル・メッセンジャー中心の企業用コミュニケーション&コラボレーションサービス
「ビジネス版LINE」LINE WORKS の公式ブログです。

公式サイト >

イベント

みなさん、こんにちは!
7月26日(水)~28日(金)の3日間、東京ビックサイトで開催された「ワークスタイル変革EXPO 2017」に出展しました。

ws1
ws5
会期初日から雨が降り、当日はお客様がたくさんきてくれるのかと心配しておりましたが、
数多くの方が来場していただけました!
ご来場いただいた皆様にはこの場をお借りし御礼申し上げます。

「LINE WORKS」のブースでは時間や場所にとらわれない働き方をテーマに
仕事時間を減らして生産性を高めるために必要なビジネスコミュニケーションをお伝えしました。

働き方を変えるためには、まずムダな時間を減らす必要があります。
仕事における「ムダな時間」は様々ですが、その代表例だと言われているのが
「会議時間」や「メール時間」。

とある調査によると一日の労働時間の実に28%を占める、なんていうデータもあるくらいです!
ws6
そして意外と多いのが「待ち時間」。
上司の承認待ちや返信待ちでなかなか仕事が進まないなんてことありませんか?

これらの「ムダな時間」とは言わば、「コミュニケーションに割いている時間」です。
LINE WORKSはこのコミュニケーションにおいて発生する「ムダな時間」を無くし、
スピードを高めることができるビジネスコミュニケーションツールです。

実は「LINE WORKS」は、お陰様で様々な企業での導入が進んでおり、
月の残業時間を30~40時間削減できたり、メールの量が10分の1に減ったりと
たくさんの導入効果が寄せられているんです。
ws7
ブース内のオープンステージでも「LINE WORKS」のソリューションや導入効果について
お話させていただきまして、たくさんの方が足を止め話を聴いてくださいました。
ws2
ws8
各日ともたくさんの方がブースに立ち寄られ、タッチ&トライコーナーでデモを体験してみたり、たくさんのご質問やご感想を頂き、働き方改革やLINE WORKSへの興味、関心の高さを改めて実感しました。
ws3
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

「LINE WORKS」をまだお使いでなく、もっとLINE WORKSのことを知りたいという方は、こちらをご覧ください。

また、「LINE WORKS」を実際に試してみたいという方は、30日間の無料トライアルを提供しております。無料トライアルは弊社認定パートナー企業様へお問い合わせをいただくか、弊社ウェブサイトより直接お申込みいただくこともできます。 

引き続き「LINE WORKS」をよろしくお願い申し上げます。

みなさん、こんにちは!

7月20日(木)~21日(金)の2日間、ザ・プリンスパークタワー東京で開催された「SoftBank World 2017」に出展しました。
ogimage2017
出展期間中は、天気にも恵まれ、数多くのお客様に来場していただけました!
会場内では展示会のテーマである「AI」や「IoT」を組み合わせた様々な業種・業態のサービスに触れることができました!

また、豪華なゲストによる基調講演や特別講演も大変人気でたくさんのお客様で賑わってました。

弊社も講演プログラムに参加しまして、弊社のプロダクトマーケティング 執行役員 萩原が登壇し、「働き方改革」にLINE WORKSを選ぶ企業が増えている理由についてお話をさせていただきました。
sb4
sb5
仕事でチャットを使うことのインパクト、生産性が上がる理由をお客様事例やデモンストレーションを交えてご紹介させていただきまして、たくさんの方々が私たちの話をうなずきながら熱心に聴いてくださいました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

さて、弊社の「LINE WORKS」のブースについてですが、「働き方改革」や「AI」をテーマに、オープンセミナー形式でサービスをご紹介しました。

sb1
仕事における「ムダな時間」を無くし、スピードを高めることで実現できる働き方改革の手助けツールとなる「LINE WORKS」についてデモ画面を交えながら説明しましたが本当にたくさんのお客様が足を止めて聴いてくださいました。
sb2

sb3
実はあまり知られていないのですが、「LINE WORKS」はAIとBOTを組み合わせることが可能でして、業務と人員の効率化も行うことができます。LINE WORKSのトークの手軽さ、Botの柔軟性、そしてAIの高度な分析・学習能力を組み合わせることで、今まで人に頼っていたことをBotで代用し、業務と人員の効率化を実現できるということです。
もともと「LINE WORKS」を知ってくださっていた方でもAIと組み合わせることができるとは知らなかったと驚く方も多く、どんどん情報を発信していかなければと感じました。

まとめ

今回、色々とご説明させていただいて感じたことは、情報感度が高い来場者様が非常に多く、そして働き方に対する課題を抱えている方が多いということでした。その課題を解決するソリューションとなるAIやBOT、IoTへの関心の高さを実感することができました。

このような課題を抱えているお客様に「LINE WORKS」を知っていただき、更に実際ご利用いただくことで働き方改革の実現にお役に立てることができるようになりたいと改めて強く思いました。

今後も新しい働き方を提案し続けてまいります。

ブースや講演に足を運んでいただいた皆様、誠にありがとうございました!