LINE WORKS 公式ブログ

LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使える機能を備えた
モバイル・メッセンジャー中心の企業用コミュニケーション&コラボレーションサービス
「ビジネス版LINE」LINE WORKS の公式ブログです。

公式サイト >

イベント

※Works Mobileは2017年2月よりLINE WORKSにサービス名称を変更しました。

11月29日(火)に開催されるIT Leaders Forumに弊社 執行役員の萩原が登壇します。

突然ですが、企業競争力とは何でしょうか?

競合他社を上回るスピード?他の企業が思いつかないようなイノベーション?もしくは、収益を生み出す力?

競争力といった際に、その考えかたは企業ごとに異なるかもしれませんが、その競争力を創り出すものは同じです。それは、「人」です。

そしていま、その「人」の働きかた、つまり「ワークスタイル」が 企業の競争力を高める一つの要素と考えられています。そして、私たちは、この「ワークスタイル」を形づくるものがコミュニケーションだと考えています。

11月29日(火)に開催される株式会社インプレスの「IT Leaders Forum 競争戦略としてのワークスタイル革新」では、萩原が弊社のビジネスチャット「Works Mobile」がどのようにコミュニケーションを改善し、新しい働きかたを支えるかを事例を交えてお話しさせていただきます。

これからの企業競争力を創るワークスタイル、そして、それを支えるコミュニケーションのありかたについて、IT Leaders Forumを通して、少しでも、みなさまのお役に立てればと考えております。

IT Leaders Forumは、下記リンク先より参加登録いただけます 。みなさまのご参加をお待ちしております。

■IT Leaders Forum 競争戦略としてのワークスタイル革新
〜コミュニケーション活性、そしてイノベーション創出へ〜
日時:2016年11月29日(火)13:00 – 17:10
場所:ベルサール神田 ホールA
講演者:ワークスモバイルジャパン 執行役員 プロダクト・セールスサポート統括 萩原 雅裕
講演テーマ:新しい働きかたはコミュニケーションの改善から〜ジネスチャットが現場対応力を高める理由とは 

0026_001
萩原 雅裕
執行役員 プロダクト・セールスサポート統括
 
NTTデータ、ベイン&カンパニー、米マイクロソフトコーポレーション等でエンタープライズ
ビジネスに携わる。日本マイクロソフトにてマーケティング業務に従事したのち、
2015年 ワークスモバイルジャパン株式会社に参画。2016年より現職。
慶応義塾大学卒業、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院(MBA)修了。

 

1611-1_33000003054
仕事の効率化を図るには、チーム内で情報共有を徹底する必要があります。情報共有を徹底するために、専用のITツールを利用するのも一つの手です。しかし、メンバーのITリテラシーのレベルが一定とは限りません。どんなに便利でも、ITリテラシーの高くないメンバーに使い方を教育しなければならないようなITツールは、かえって非効率になってしまいます。そこで、この問題を一気に解決するツールをご紹介します。
 
共有認識のなさが残業の増加と人間関係の破たんをもたらす
会社は組織であるため、何か仕事を行うときはチームで動くことが基本になります。そして、チームで働くうえで最も重要なのは、ほかのメンバーが、今何をしているかを把握していることです。それぞれが現在どういった状況であるのかが分かっていれば、何か困ったことがあった際に誰に助けを求めればよいのか、逆に自分の手が空いているときに誰を手伝えばよいのかが分かるため、仕事の効率化が図れます。
 
これに対し、メンバー同士に共有認識がないチームは常にバラバラで、何か困ったことがあったときに誰に助けを求めればよいか分からず、無駄な確認作業が多くなります。結果として、残業が増えることになります。また、情報共有ができていないことで「聞いていない」「知らなかった」といった食い違いが起きやすく、互いの信頼関係にもひびが入ってしまいます。これでは、仕事が非効率になるばかりか、いずれは人間関係の破たんをもたらすことにもつながりかねません。 
 
こうした事態を避けるための手段は、できるだけ早く講じなくてはなりません。なぜなら時間が過ぎれば過ぎるほど、人が増えれば増えるほど、情報共有にかかるコストと信頼関係を回復するためにかかるコストは増していくばかりだからです。
 
新たなツールを導入する際の問題点
チーム内のメンバーに情報共有の重要性を認識してもらい、仕事の効率化を図るにはいくつかの方法があります。例えば、定例会議や朝礼もこうした方法のひとつ。しかし、こうした手段は対面でのコミュニケーションは活発化しますが、時間的なコストがかかるうえ、外勤チームと内勤チームのスケジュール的なすれ違いなども多く、継続していくのも簡単ではありません。また、メーリングリストで情報を共有する方法もありますが、この場合、情報の発信と受信にタイムラグが生じます。加えて、長文になりがちなメールというツールの性質上、仕事のやりとりだけであれば問題ありませんが、気軽なコミュニケーションやリアルタイムでの情報共有には向いていません。
 
こうした情報共有の手法やツールの問題点を解消する新たな業務効率化ツールとしてビジネスチャットがあります。ただし、ビジネスチャットの導入を検討したとしても、また別の問題点が出てきます。それは新たなツールの使い方をチームのメンバー全員に教育するコストです。さまざまなツールを使いこなしているメンバーもいれば、最近スマホを使い始めたばかりといったメンバーもいるなど、チーム内のITリテラシーに差があればあるほど、そのコストは増していき、かえって非効率となってしまいます。
 
誰もが簡単に扱えるビジネスチャット
前項で従来からある情報共有手段のデメリットと新たな業務効率化ツールを導入する際の課題についてご説明してきました。情報の共有認識を持ち、仕事の効率化を図ることが簡単ではないことはお分かりいただけたかと思います。そこでやはり求められるのは、教育コストのかからない新たな業務効率化ツールです。
 
教育コストがかからないということはどういうことか? それはITリテラシーのレベルに関わらず、誰もが簡単に扱えるツールであるということです。このようなツールであれば導入段階での教育コストをほぼゼロにすることも夢ではありません。そして、それを実現しているのが、「LINE WORKS(ラインワークス)」です。
 
LINE WORKSは、今や日本国内で6,800万人以上(※)の人が利用しているメッセンジャーツールであるLINEの使い勝手を踏襲しているため、ITリテラシーのレベルに関わらず直感的な操作が可能。誰もが簡単に扱えるビジネスチャットなのです。
 
 
※LINE株式会社 2016年4月-9月媒体資料より