LINE WORKS 公式ブログ

LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使える機能を備えた
モバイル・メッセンジャー中心の企業用コミュニケーション&コラボレーションサービス
「ビジネス版LINE」LINE WORKS の公式ブログです。

公式サイト >

技術トピック

こんにちは。ワークスモバイルのIです。普段はプリセールス活動からお悩み相談まで色々なことをやっています。今後もごくごく稀にブログに登場すると思いますので、よろしくお願いします。

さて、LINE WORKS がチャットボット機能を正式提供してから一ヶ月ほど経ち、おかげさまで多くのお客様にご活用いただいています。
LINE WORKS の Bot について説明させていただくときによく聞かれるのが「LINE の Bot と何が違うの?」という質問です。そこで、今回は LINE / LINE WORKS の Bot について簡単にまとめました。
図1
LINEとLINE WORKSのBotの違い
1. 提供方法
LINE では、LINE Business Connect もしくは LINE@ という「公式アカウント」として登録し、広く LINE ユーザー全体に向けて提供する形となります。配達サービス (ヤマト運輸など) のような実用的なものから AI 女子高生 Bot「りんね」(日本マイクロソフトなど) のようなエンターテイメントまで、B2C サービスとして多彩な用途で使われているのはご存知かと思います。
LINE WORKS では、契約テナントごとに Bot を作成、登録する形となっており、現時点ではユーザー全体に向けた「公式アカウント」はありません。利用事例を見ると、汎用的な Bot よりもスタッフ向けの営業レポートの送信や FAQ 対応、業務システムとの連携など業務に特化した B2B らしい Bot が好んで作られているようです。

2. ユーザーから見た利用方法
LINE では、ユーザー自身が公式アカウントと”ともだち”になると Bot が使えるようになります。また、不要になった Bot をブロックすることもできます。ユーザー自身で Bot を選び、使い分けていくようなイメージですね。
LINE WORKS では、会社が Bot を登録した時点で自社ユーザー全員と対話できるようになり、ユーザーが Bot を選ぶことはありません。また、ユーザーが Bot をブロックすることもできません。会社が Bot を提供し、自社ユーザーに活用してもらうイメージです。

3. 送受信できるメッセージ
LINE ではシンプルなテキストから画像、テンプレートメッセージ、選択肢など多彩なメッセージ形式を使ったコミュニケーションが大きな魅力です。
LINE WORKS の Bot は提供を開始したばかりなので、LINE と比較して利用できるメッセージ形式が少ないのが実情です。。。現在はシンプルなテキスト、リンク付きテキスト、画像の3種類だけ送信することができます。こちらについては、今後のアップデートにあわせて強化していきますのでご期待下さい!
botss
開発をはじめるには?
LINE / LINE WORKS ともに Bot 用の API は Web サイトで一般公開しています。
LINE WORKS の API 情報はこちらをご覧ください。
LINE は GitHub を通じてSDKも公開していますが、LINE WORKS は SDK を提供していません。このあたりの情報提供も、今後は力を入れていきたいところです。

でも、お高いんでしょう…??
LINE の Bot は小規模であれば無償、メッセージの送信数やアカウントの種類によっては作成者に費用がかかるという仕組みになっています。
LINE WORKS では契約テナントさえあれば Bot 100 個まで無償でご利用いただくことができます。(1日単位での API の利用回数上限はあります。)


まとめると、LINE は「作者が広く Bot を公開し、ユーザーは使いたい Bot を選ぶ」のに対して LINE WORKS では「会社が Bot を提供し、自社ユーザーに使ってもらう」という作り方になります。
LINE WORKSの Bot は無償で使えるものですし、皆さんも Bot で仕事を効率化してみてはいかがでしょうか。LINE WORKSの Bot API を活用した開発を進める上でご不明な点があれば、LINE WORKS Developers コミュニティでも質問を受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

こんにちは。ワークスモバイルジャパンの村田です。

本日、2017年7月24日は「テレワーク・デイ」です!
3年後の2020年7月24日に予定されている東京オリンピック開会式での混雑回避に向け、テレワーク一斉実施の予行演習をしようという総務省が推進する取り組みですが、最終的には働き方改革としてテレワーク普及が目的とされています。

そんなテレワーク・デイのキャッチコピーは「働く、を変える日」。LINE WORKSは仕事や働き方を変えるための多くの機能を備えています。実際にワークスモバイルジャパンのメンバーはLINE WORKSを使っていつでもどこでも働ける環境を構築しています。今回はその活用例を交えながら、LINE WORKSがテレワークに効くポイントをご紹介します。

コミュニケーション手段の使い分け
LINE WORKSのコア機能であるトークは、会話形式で気軽にやりとりをすることができ、メールのように余分な作文をする必要がありません。そのため、離れた場所にいる相手との議論をサクサク進めることができます。
teletalk
一方で、重要な依頼事項など形に残しておく必要があるものはメール、出先での緊急度の高い連絡事項やテキストでは伝えにくい内容は通話機能といったように、状況に応じて手段を使い分けることもできます。そのため、テレワークのように相手の顔が見えない状況においても、スムーズに仕事を進めることができます。

ファイルの整理整頓
日々増えていく多様なファイルを日頃から整理整頓し、共有できる状態にしておくことがテレワークには欠かせません。そこで活躍するのがDriveです。自分が作業しているファイルであれば、「My Drive」に保管することでどの端末からでも容易にファイルの確認や編集ができます。
tele1
また、会社全体やチームで共有すべきファイルは「会社フォルダ」もしくは「グループフォルダ」を使用します。あらかじめ整理用のフォルダを作成したり、フォルダやファイルの命名規則を決めておくことで、整理整頓の手間を省くことができます。

情報の集約
社内に点在している情報はホームやノートにまとめておくことでリファレンスとして活用できます。ワークスモバイルジャパンでも、各種資料の保管場所や新入社員に共有すべき情報、事務手続きに関する情報などをまとめています。ホームやノート内の情報は検索することができますが、「ここさえ見ればOK」という場所を作っておき、日頃からアップデートしておくことが重要です。また、Drive内の資料であれば、リンク共有機能で発行したURLとあわせて資料の情報を掲載することで、目的の資料を探す手間も省けるのでおすすめです!


普段の業務から場所に縛られず、チームのコラボレーションを促進する働き方を意識しておくことで、テレワークの際にも普段と変わらぬパフォーマンスを発揮することができます。LINE WORKSはパソコンでも利用できますが、ここでご紹介したすべての機能がスマートフォンだけで完結します。自宅や出張先での使用はもちろん、ちょっとした移動時間を有効活用することができるため、本当の意味で「場所に縛られない働き方」の実現に貢献します。  日常の働き方を変えてみることが、案外テレワーク実現への近道かもしれませんね。